吉兼三丸展  '79

ギャラリー
U

アルミ板による作品






  5ミリ板と2ミリ板の積層をガスバーナーでゆっくり溶解させる。この作業はかなり熱い。
  1センチの鉄板の上にトタン板で囲いをして、熱が逃げないようにして加熱、汗だくの
  作業です。溶解部分をベビーサンダーで削り、80番から、100番と番手を上げながら
  1000番まで、サンデングして行く。次はバフかけで鏡面仕上げをする。鏡面仕上げが
  上がると、平面を90番でオービタルサンダーで無光沢にする。強力接着剤で台座に
  接着して完成となります。  アトリエは小さな加治屋さんと化した。